フォト
無料ブログはココログ

« 行きは海、帰りは山、山北地区をぐるっと回る村上サイクリング | トップページ | 地域おこし協力隊の初任者研修で感じたこと »

2018年5月15日 (火)

朝日シルクフラワー製作工房で体験イベントを見学

Kimg0682

道の駅「朝日まほろば 緑の里」にある朝日シルクフラワー製作工房で、まゆクラフトの製作体験イベントがあるというお話を頂いたので見学に行って来ました。この日は村上市内から団体のお客様が工房を訪れており、比較的ベーシックなシルクフラワー作りの体験を楽しまれていました。講師は工房の運営者でもある横井栄子先生、そして、地域おこし協力隊の一年先輩である細井幹子さんがサポートについていました。

Kimg0687

Kimg0664

実際に体験イベントを見る前までは「まゆ玉は繊細で脆い」とい印象だったのですが、実際は製作している皆さんの様子を見ていると意外に丈夫で、ちょっと力を入れて引っ張っても壊れないくらい強度があります。しかも、まゆ玉の糸の壁って何層にもなっていて、たとえば花の形に切って指で剥がすと、花が2枚、3枚と増えるんですよね、知らなかった!

Kimg0693

Kimg0669

 

体験イベントを見ていて気がついたのは、お客様に対して過剰に教えすぎないこと。体験を楽しんでいるので失敗したり試行錯誤したりするのも大切なんですね。もちろん本当に困っている方がいたら手を差し伸べる。テーブルを回りながら絶妙なタイミングでお客様たちをサポートするお二人を見ていて「さすが!」という感じでした。

Photo

工房内にはさまざまな作品が展示されていて、その表現方法の多彩さには驚かされます。まゆ玉の特徴的な形状をあえて活かした作品もあれば、まゆ玉から作られているのかさえ想像できないくらい技巧的なアート作品もあります。ウェディングブーケや可愛らしいキャラクターアイテムもあって「作る、飾る、贈る」といろいろな楽しみ方がありそうです。それが、シルクフラワーの可能性なのでしょう。

Kimg0683

Kimg0666

道の駅朝日にある朝日シルクフラワー製作工房を運営している朝日村まゆの花の会は、かつてこの地域で盛んだった養蚕技術を守り・伝えるという活動に取り組んでいます。伝統的な養蚕の技術、まゆクラフトという新しいスタイル、この二つが上手く融合して成り立っているんですね。現在はシルクフラワー作りの技術を身につけてくれる新たな後継者を育てることで、シルクフラワーのさらなる普及を目指しているそうです。

« 行きは海、帰りは山、山北地区をぐるっと回る村上サイクリング | トップページ | 地域おこし協力隊の初任者研修で感じたこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日シルクフラワー製作工房で体験イベントを見学:

« 行きは海、帰りは山、山北地区をぐるっと回る村上サイクリング | トップページ | 地域おこし協力隊の初任者研修で感じたこと »